2014年8月の行事

2014年8月、私たちの参加、あるいは関係する行事です。

・8月3日(日)グローナウ

・8月6日(水)ドルトムント・ケルン「ヒロシマ・デー」

・8月9日(土)ヒロシマ・ナガサキ・パーク祈念碑前

・8月19日(火)子ども・被災者支援法を考える会京都 共同代表と

・8月26日(火)ケルン、「省みる・・朗読会 ヒロシマ・ナガサキの絵画と音楽を使って」

<詳細>
・8月3日(日)

有志がグローナウ(デュッセルから130km)でのウラン濃縮工場前のドイツ人主催のデモに参加。SGD(さよなら原発デュッセルドルフ)からもスピーチ。

Aktionsbündnis Münsterland gegen Atomanlagen

 

Gronau, 13:30 Uhr Röntgenstr. 

Demo zum Jahrestag der Hiroshima und Nagasaki Bomben

und Auftakt der TagX Kampagne UAA Gronau

Kundgebung an der UAA. Im Anschluss findet der traditionelle Sonntagsspaziergang statt.

 

http://www.anti-atom-aktuell.de/aktuelles/termine.html

 

--------------------------------------

・8月6日(水)

有志がドルトムントの日本人グループと ドイツ人グループの「ヒロシマ・デー」に参加。SGDからもスピーチ。

 

Reinoldikirchplatzから Rathausまで

音楽を伴って

銀杏の木と„Mutter Hiroshima広島の母“ で2度ストップ

16時 インフォ交換

19 時 Rathaus内

Leo Lebendig・光・絵画家による宗教の平和の光ヒューマン・ソウル・プロジェクト・「2020年までに核兵器のない世界を造るためのソーシャル・彫刻」 

 

主催イニシアチブ

IPPNW・核戦争を防止する国際医者団・ドルトムント支部

平和を願うキリスト教者・パックス・クリスティ

日独協会AGNRW

DRG・VK NRW支部

ドルトムント・平和フォーラム

グリーンピース・ドルトムント支部

--------------------------------------

・同日にケルンにて「ヒロシマデー」が午後17時 ドーム前広場にて

あります(SGDはドルトムントに行くので今年は参加が難しいですが)。

スピーチ:・Elke Koeller ( Buechel基地に格納の原爆反対市民の会)

     ・N.N (IPPNWより)

音楽:Blue Flower, Klaus dem Geiger

 

--------------------------------------

・8月9日(土)

午前9時ヒロシマ・ナガサキ・パーク祈念碑前にて

有志がケルン(デュッセルから50Km)の主にドイツ人グループの

「ヒロシマ・デー」に参加。

 

DFG-VK(ドイツ平和協会・反戦争従事者の会)主催の「平和のためのベルリンへのサイクリング」スタート式

時間とエンルギーのある人は第1区間、ケルン市内を一緒に走る。

 

--------------------------------------

8月19日(火)

子ども・被災者支援法を考える会京都 共同代表の加藤氏と

デュッセルで食事会

 

--------------------------------------

8月26日(火)

17時 於:ドームフォーラム(ドーム広場の向かい側にある)

「省みる・・朗読会 ヒロシマ・ナガサキの絵画と音楽を使って」

朗読:Svetlana Alexijewitsch: "Tschernobyl. Eine Chronik der Zukunft"

Federica de Cesco "Tochter des Windes"

 

--------------------------------------

*日程未定ですが、原発メーカー訴訟の会の野副氏が8月10日ごろに

デュッセルドルフ来られるので、交流を予定しています。

 

いずれも、まだ参加できます。

最近参加してないなぁ・・・と遠慮する気持ちがあるかたもいるかもですが、主催者は一人でも多く参加してくれると嬉しいものです。

 

特に、ドイツ人主催の毎年の行事、ヒロシマ・デー等に日本人が参加する意義は大きいと思います。